補完代替医療』とは?

 

 

 補完代替医療(Complementary and Alternative Medicine)とは、「補完医療(Complementary medicine:通常医療を補完する医療)」と「代替医療(Alternative medicine:通常医療の代わりに用いられる医療)」の二つを合わせた用語であり、近年、補完代替医療(CAM)への関心は、欧米の各国を中心に世界規模で拡大して行く傾向にあります。

 

 米国では現在、全国民の半数近い数の人々が何らかの形でCAMを利用しており、年間のCAMに使う費用は通常医療に支払う医療費を上回っているという統計さえあります。

 

 また我が国においても近年、欧米先進国の影響も手伝い、一昔前までは通常医療と対照的でやや偏見的な視点で捉えられていた「医業類似行為」が、補完代替医療という新しくポジティブな概念へと変化を遂げる傾向にあり、厚生労働省は、通常医療(近代西洋医学)に加え補完代替医療や統計医学等を組み合わせた療法を「統合医療」とし、統合医療の中には多種多様なものが存在すると肯定しています。

 

 補完代替医療には(対面・遠隔)ヒーリングを含む多くの療法が存在し、現在国内外を問わず療養の可能性と合理性等追求のため、通常医療と補完代替医療が柔軟に融合した統合医療へのニーズが急速に浸透していく傾向にあります。

 

 

 

【補完代替医療の種類】


・中国医学(鍼灸、整体、気功など)・インド医学・免疫療法(リンパ球療法など)・薬効食品・健康食品、サプリ・ハーブ療法・アロマセラピー・ビタミン療法・食事療法・精神・心理療法・温泉療法・酸素療法・(対面・遠隔)ヒーリング